So-net無料ブログ作成

アルゼンチンとアルメニアの共同発行民族舞踊切手 [アルゼンチン:Argentina]

アルゼンチン切手に頻出する共同発行ものシリーズ。
今回はアルメニアと一緒に民族舞踊ものをリリースしちゃったわけです。
相変わらず、いい感じのビビッドな絵柄と色合いです。
2008年アルゼンチン発行
stamps - 3.jpg
アルゼンチンの民族舞踊"MALAMBO SUREÑO"の絵柄。
youtubeに映像を発見しました。主に足だけで踊る男性の舞踊です。
音楽が足先で奏でられているみたいに、素敵ですね。
http://youtu.be/7duveKhOGR4

stamps - 2.jpg
こっちはアルメニアの民族舞踊"Hoy-nazan"。
wikipediaのアルメニアダンスの解説によると、生き生きとしたダンスで、青年がNazanという名前の恋人を讃える歌をうたうのだとか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Armenian_Dances

切手のおかげで、また新しい民族舞踊のお勉強ができました。

シンガポールの4つの種類の踊り切手 [シンガポール:Singapore]

またまた月刊になっているこのブログ。
3月号はシンガポールのダンス切手です。
切手のタイトルがちょっとオシャレ。
"Our city of Colors"ですって。
いろんな人種が暮らす町ということなんだろうけど、
そこを代表するのが舞踊というのも嬉しい。

2006年シンガポール発行"Our city of Colors"
singapore_ballet.jpg

アメリカ・インディアンの仮面シリーズ切手 [アメリカ:U.S.A]

今はNative Americanと呼ぶのかと思ってましたが
Indian Art というタイトルで
アメリカ・インディアンの仮面を紹介する切手が出ています。
この切手、アップで見ると、なかなかの大迫力だな。

1980年9月25日 民芸シリーズ(インディアンの仮面)
左上から時計回りに
ベラベラ族の仮面、チルカット・ツリンギット族の仮面
ツリンギット族の仮面、ベラ・クーラ族の仮面

IMG_0004.jpg

謹賀新年的カラフルでかわいい中国切手 [中国:China]

あけましておめでとうございます。
最近はめっきり月刊ダンス切手ブログになっちゃってますが
本年もぼちぼちと続けていきたいと思います。
なにしろ、ご紹介したいダンス切手の在庫は
本棚の切手帳の中に、大量にうなってますし。

さて、今年最初のダンス切手は中国です。
新年らしい絵柄で、かつ踊っていてとなると
どうも、この中国民族もの路線になっちゃうのです。

2000年 中国発行 spring festival 春節
china2002_3.jpg
おー。今年らしく、龍が舞っております。
子どもたちが踊っている風なので、ダンス切手チームに入れました。

これは3枚組なので、ほかの2枚も。
china2002_1.jpg
china2002_2.jpg

パステルカラーがかわいいいアルバニアの民族舞踊切手 [アルバニア:Albania]

国民所得はヨーロッパ諸国の中では非常に低くて、
アルバニアはかなり貧しい国ということになるけれど
ダンス切手の分野では、民族舞踊の絵柄でかなり魅せてくれます。

今日はパステルカラーの地色がかわいい
民族舞踊ものです。
左上の赤字に鷲のマークは国旗の絵柄です。

1983年2月20日発行「舞踊祭」scott:2056〜2059

albania0001.JPG
男性によるハンカチ踊り

albania0001_2.JPG
太鼓を加えた踊り

albania0001_3.JPG
左からギター、笛、タンバリンを持った踊り手

albania0001_4.JPG
花を持って踊る女性

タイの麗しい民族舞踊切手 [タイ:Thailand]

タイを旅行したマイミクさんから、
素敵な切手をお土産にいただきました。
2011年タイ国発行
thai0001_2.JPG

彼の国の洪水は、今、どうなっているのか.....。
心配です。
この国の記念切手は、どうしたわけかミニシートで
発売されることが多くて、コレクションは大変です。
だって、場所をとるのだもの。

thai0001.JPG

宝塚のラインダンス消印に胸躍る! [ダンスな風景印&消印:postmark]

さて、たまには風景印、消印コレクションを
ご開帳してみます。
いろいろと、いけているものが集まりつつあります。

で、今回はなんといっても宝塚のラインダンスの小型印ですね。
ぜひ、この臨時郵便局でお手紙を出したいな。
そして切手はもちろんお馴染みの宝塚モノです。
takarazuka0001_2.JPG

宝塚郵便局の風景印はこちらです。

takarazuka0001.JPG
まん丸の風景印が多い中、こちらは竪琴の形の変形印。
手塚治虫記念館、市の花のスミレ、そして六甲山の絵柄です。

急進派の踊る女とは? [リヒテンシュタイン:Liechtenstein]

初めてのリヒテンシュタインの切手です。
ルドルフ・シュドラーという急進派?のアーティストの造形で
木の根や枝を使って、いろんな形を作ります。
この切手の作品は「踊る女」というタイトル。
すごく楽しそうに踊っている女性だわ。

1972年9月7日 リヒテンシュタイン発行

ÉäÉq0001.JPG

これは初日カバーで購入しました。
ご本体はコレです。

ÉäÉq0001_4.JPG

踊る女は素敵だけど、他にもETみたいな作品も作ってるのね。
私の大好きなスイスの印刷会社クールヴォアジエの製品でもあります。

喜んで飛び上がっているチェコの人たち切手 [チェコ:Czechoslovakia]

人って、喜びを表現するとき
両手をぱっと上にあげたり、ぴょんぴょん飛び跳ねますね。
そのわかりやすい姿を切手にしたら、こうなっちゃいました。

cesko_19750001.JPG

1975年5月9日 チェコスロバキア発行 
チェコ解放30年
グラフィック画家Adolf Zabranskyの作品「解放の回想」より。
なんだか見ているだけで、一緒に嬉しい気持ちがしてきます。
まさに皆さん、地に足が着いていないし。
喜びのダンスということで、これもダンス切手のお仲間入りです。

「ブラックスワン」記念!! 綺麗なバレエ切手 [エストニア:Estonia]

先日、映画「ブラックスワン」を見ましたが、
実に漫画チックで楽しかったです。
芸道もの+オカルト+少女漫画。好きなものがてんこ盛りね。

ということで、今日は「ブラックスワン」な切手です。
バレエ切手部門で白鳥の湖は人気が高いけど、
黒鳥はどちらかというと少数派。
その中でも、この切手は美しいなぁと思う。

2006年3月27日 エストニア発行 国立オペラ100周年記念ミニシート

estonia_2006.jpg

全体像はこれ。この劇場、ぜひ行ってみたいものです。
estonia_2006_2.jpg

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。