So-net無料ブログ作成
フェロー諸島:Faroe Islands ブログトップ

フェロー諸島のガーター踊り [フェロー諸島:Faroe Islands]

 前回は凹版切手の王様スラニアおじさまのスケート切手を出したので、今日は同じくスラニアさんの彫った民族舞踊切手にしてみます。

 これはフェロー諸島発行のヨーロッパ切手です。ヨーロッパ切手というのは毎年ひとつのテーマでヨーロッパ諸国がそれぞれデザインを工夫しながら発行するシリーズもの。1981年のテーマは「民間伝承」というやつで、舞踊切手コレクターが小躍りした1年でした。だって、ダンス切手がいっぱい出たんだもの。
 たとえばフィンランドではこれ。
 ドイツではこれとかね。

1981年6月1日フェロー諸島発行 ヨーロッパ切手「民間伝承」

faroe0001.JPG
scott:63
ガーター踊り。線をはさんで男女がそれぞれ反対側に立ち、男がガーターを取り外し、相手にその片方の端を持たせて、踊りながらくぐり抜ける。なんとまぁ、丁寧な彫りだこと。それぞれの衣装もきれいに表現してある。踊りそのものは、なんだか子どもっぽいように見えるけど、考えてみれば日本の盆踊りだってかなり素朴だしね。

faroe0001_2.JPG
scoot:64
チェーンダンス。手を取り合って輪を作り、左に2歩、右に1歩のステップをくり返す踊り。ってことは3拍子なのね。
フェロー諸島はデンマークの自治領で、この辺りの古い文化がたくさん残っている島だそうです。で、このチェーンダンスはバイキング時代から続いている伝統舞踊で、7月29日に開催されるサマーフェスティバルでは、夜遅くまで町中の人が繰り出して、大変な盛り上がりでこのダンスをするとか。おもしろそう! いつか見に行きたいな。


フェロー諸島:Faroe Islands ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。